岩手県の過去の地震と発生回数

岩手県周辺で過去に発生した地震の場所や集中するエリアから、地震リスクの高い場所と低い場所を分析してみました。

過去の地震

過去に岩手県で起きた規模の大きな地震を地図上に表示させてみました。マークをクリックすると詳細(日時:規模:深さ)を確認できます。

※気象庁震度データベースを参考に作成。
※期間は1923年~現在までの地震です。
※規模はマグニチュード6以上&震度5以上を条件で抽出。

大地震

マグニチュード6.0以上の大地震のみリスト化してみました。

発生日 震源 マグニチュード 震源の深さ
2012/03/27 岩手県沖 M6.6 21km
2011/06/23 岩手県沖 M6.9 36km
2011/03/11 岩手県沖 M6.7 24km
2011/03/11 岩手県沖 M6.6 17km
2011/03/11 岩手県沖 M7.4 32km
2011/03/11 岩手県沖 M6.5 29km
2008/07/24 岩手県沿岸北部 M6.8 108km
2008/06/14 岩手県内陸南部 M7.2 8km
1998/09/03 岩手県内陸北部 M6.2 8km
1995/01/07 岩手県沖 M7.2 48km
1994/12/28 三陸沖 M7.6 0km
1987/01/09 岩手県沿岸北部 M6.6 72km
1933/03/03 三陸沖 M8.1 0km
1928/06/01 三陸沖 M6.6 45km

年代別&震度別地震発生回数

マグニチュード5.0以上&震度4以上の条件で地震発生回数を年代別に抽出した結果。

年代 合計 震度4 震度5(弱・強) 震度6(弱・強) 震度7
1920年代 5 4 1 0 0
1930年代 11 10 1 0 0
1940年代 5 5 0 0 0
1950年代 2 2 0 0 0
1960年代 15 14 1 0 0
1970年代 15 12 3 0 0
1980年代 15 14 1 0 0
1990年代 16 13 2 1 0
2000年代 26 21 2 3 0
2010年代 93 78 13 2 0

※気象庁震度データベースを参考に作成

1960年代~1990年代まで15~16回前後で推移、2000年代に入り26回と増加しています。(東日本大震災の前兆?)。2010年代からの急増は東日本大震災の余震による影響です。

分析&まとめ

岩手県の地震の特徴、

  • 太平洋プレート沿い、岩手沖および三陸沖での規模の大きな地震が目立って多い。
  • 震源の浅い内陸直下型は秋田との県境で2度のみ発生。
  • 震源の深い内陸直下型も発生する。

やはり隣の秋田県と比較して地震の規模、頻度とも多い印象があります。

秋田県の過去の地震と発生回数