秋田県の過去の地震と発生回数

秋田県周辺で過去に発生した地震の場所や集中するエリアから、地震リスクの高い場所と低い場所を分析してみました。

過去の地震

過去に秋田県で起きた規模の大きな地震を地図上に表示させてみました。マークをクリックすると詳細(規模・日時・深さなど)を確認できます。

※気象庁震度データベースを参考に作成。
※期間は1923年~現在までの地震です。
※規模はマグニチュード5以上&震度4以上を条件で抽出。
※マグニチュードM5.0~5.9はオレンジ色●、M6以上は赤色●マークです。

大地震

マグニチュード5.0以上の中~大規模地震をリスト化してみました。

発生日 震源 マグニチュード 震源の深さ
2017/09/08 秋田県内陸南部 M5.2 9km
2011/04/01 秋田県内陸北部 M5.0 12km
2011/03/12 秋田県沖 M6.4 4km
1999/02/26 秋田県沖 M5.3 21km
1997/11/23 秋田県沖 M5.8 29km
1983/06/09 秋田県沖 M6.0 14km
1983/06/09 秋田県沖 M6.1 23km
1983/05/26 秋田県沖 M7.7 14km
1970/10/16 秋田県内陸南部 M6.2 18km
1964/12/11 秋田県沖 M6.3 57km
1964/05/07 秋田県沖 M6.9 24km
1939/05/02 秋田県沿岸北部(男鹿半島) M6.5 23km
1939/05/01 秋田県沖(男鹿半島) M6.7 0km
1939/05/01 秋田県沿岸北部(男鹿半島) M6.8 0km

年代別&震度別地震発生回数

年代 合計 震度4 震度5(弱・強) 震度6(弱・強) 震度7
1920年代 0 0 0 0 0
1930年代 4 2 2 0 0
1940年代 0 0 0 0 0
1950年代 0 0 0 0 0
1960年代 5 5 0 0 0
1970年代 3 3 0 0 0
1980年代 3 2 1 0 0
1990年代 5 4 1 0 0
2000年代 6 4 2 0 0
2010年代 20 16 4 0 0

※気象庁震度データベースを参考に作成

2000年代以前は一桁台と数少ない状態で推移していました。東日本大震災の余震により2010年代~急増。しかし震度6、震度7クラスの揺れは観測されていません。

分析&まとめ

秋田の地震が多い集中地帯は「日本海側、秋田県北西部の沖合」のようです。ユーラシアプレート&北米プレートの境(縦長)に沿って規模の大きな地震が定期的に確認できます。

また内陸直下型も頻度は少ないものの散発的に発生。特定の地域に集中することなく秋田県内全域に震源が見られます。特に東日本大震災発生(2011年)以後、「内陸北部M5.0(2011年)」「内陸南部M5.2(2017年)」と短期間に2度起きているので注意すべきでしょう。