免震構造マンション&ビルの効果(揺れるor揺れない)を大阪北部地震で検証

大阪北部地震において免震マンション&ビルは揺れを抑える効果を発揮したのか?

SNS上に挙げられていた皆さんの「リアルな声」(実体験)を調べてみました。

  • 震源:大阪府北部
  • 規模マグニチュード6.1
  • 最大震度:6弱(大阪市北区・高槻市・枚方市・茨木市・箕面市)

体感は震度3?

築年数の浅い免震建物に居たそうです。震度6強が信じられないようで体感では震度3程度の揺れに感じたとのこと。

地震に気づかないケース

中央区、北区(震度6弱)の免震タワマン住民。被害はおろか地震に気づかない人もいたとか。

本棚の本も落下しない

免震構造マンションの2階住民の方。本棚の書籍、DVD(CD)も落下しないことに驚いていました。

地震に気がつかず

免震性能の働きにより「揺れ」に気づかなかったようです。

揺れを感じた人

一方で免震タワーマンションでも地震に気づいた方も。

免震マンションを称賛

震度6弱程度では食器の落下、家具の転倒等もなく無事だったとのこと。(ただ長周期地震に不安を覗かせていました)

最新のオフィスビルでも

高層オフィスビルでも免震構造なら「物が落ちる」ことも「小物(ペン類?)」の移動さえしなかったとのこと。

精神的に安心の声

大阪北部在住で警戒しているようです・・・ただ免震構造だと余震にも強いと思われます。

以上です。

今回は「中規模な直下型地震」に対する免震効果でした。

皆さん(twitter)の意見を総合的にまとめると、

  • 若干の揺れを感じた
  • 物等の落下、破損はなかった(被害なし)
  • 状況により揺れに気づかない人もいた

つまり「震度6」→「震度2~3」程度に軽減されたのかなと想像致します。

日本(都道府県別)の免震施設&免震マンション