富士山噴火と東南海地震との関連を調べる

富士山噴火の発生間隔(周期)。次の噴火はいつ頃か…。

↑の富士山噴火の発生周期に続き、「噴火の引き金」と指摘されている東海・南海地震との関連性を調べてみました。

以下、地震と噴火を時系列に並べてみました。また一つの東南海地震後から次の富士山噴火発生までの間隔を計算してみたところ。

時期 活動 地震→噴火まで
684年 白鳳地震[東海・南海地震]
 781年 富士山噴火 ↑約97年
 800年~802年 富士山大規模噴火
 864年~866年 富士山噴火[貞観大噴火]
 887年 仁和地震[東海・南海地震]
 937年 富士山噴火 ↑約50年
 999年 富士山噴火
 1033年 富士山噴火
 1083年 富士山噴火
 1096年 永長地震[東南海地震]
 1099年 康和地震[南海地震]
 1361年 正平地震[南海地震]
 1435年 富士山噴火 ↑約74年
 1498年 明応地震[東海地震]
 1511年 富士山噴火 ↑約13年
 1605年 慶長地震[東南海地震]
 1707年 宝永地震[東南海地震]
 1707年 富士山噴火[宝永大噴火] ↑0年[49日後]
 1854年 安政地震[東海地震・南海地震]
 1944年 昭和地震[東南海地震]
 1946年 昭和地震[南海地震]

このような結果になりました。

考察

上の表を分析してみると、

  • 必ずしも地震と噴火に密接な関連があるとは断定できない
  • ただし地震発生後、100年以内に高い確立で富士山は噴火している
  • また宝永地震(1707年)はマグマを刺激し噴火を誘発したと思われる

という内容が見えてくるかと。

ちなみに現在(2018年)は、安政地震(1854年)から約164年、昭和南海地震(1946年)から約72年経過しています。