地震保険料率で見る地震リスクと危険な地域(都道府県)

地震保険に加入する際の保険料率。「建物構造」と「所在する地域(都道府県)」により支払い金額が異なっており、この金額差から地震リスクの高い地域、低い地域がある程度読み取ることができます。

危険度の高いエリアで現実に地震が起きるかどうかは別として、とりあえず国や研究者は「この地域は危ない」と判定している場所です。

今回、この情報をもとに危険な都道府県をランキング化(上位ほど安全)してみました。

※2014年7月1日に料率改定されたデータを参考。

※料率は人口密度も加味されているのかもしれません。

ランキング1位グループ

  • 東北:岩手県・秋田県・山形県・福島県
  • 関東甲信:群馬県・栃木県
  • 東海北陸:富山県・石川県・福井県
  • 中国四国:鳥取県・島根県・山口県
  • 九州沖縄:福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・鹿児島県

このグループは一番保険料率が低い地域。つまり大地震に対するリスクが低いと判定されています。

東北4県、九州地方に多いですね。あと日本海側エリアも安全と評価されている傾向が見て取れます。

ランキング2位グループ

  • 東北北海道:北海道・青森県・宮城県
  • 甲信越:新潟県・長野県
  • 東海:岐阜県
  • 関西:滋賀県・京都府・兵庫県・奈良県
  • 中国四国:岡山県・広島県・香川県
  • 九州:大分県・宮崎県・沖縄県

次に安全とされている地域です。1位~2位グループの中に北海道&東北6県すべて含まれていました。

東北は東日本大震災が起きたので、今後数十年は平穏期が訪れると判断されているのでしょうか。

ランキング3位グループ

  • 関東:茨城県・山梨県
  • 四国:徳島県・愛媛県・高知県

四国3県が入ってます。南海地震のリスクは考慮されているのか疑問です。関東はさらに大地震リスク高いらしい。

ランキング4位グループ

  • 関東:埼玉県
  • 関西:大阪府

関東の埼玉県、関西の大阪の2カ所。そんなに地震が多い印象のある地域ではありません。

ランキング5位(最下位)

  • 関東:東京都・神奈川県・千葉県
  • 東海:静岡県・愛知県・三重県
  • 関西:和歌山県

最下位グループです。人口も多く、首都直下地震&東海地震がハイリスクと判断されているようです。