箱根の地震(噴火活動)が収束。大涌谷の黒たまご販売再開は・・・。

一ヶ月ほど前、箱根山の火山活動が落ち着き「噴火警戒レベル」が引き下げられたというニュース。

その後の箱根関連の話題があまりメディアで取り上げられないので現状を調べてみました。

まず過去30日間の箱根周辺の地震について、

箱根の地震と火山活動

(出典:防災科学技術研究所: http://www.hinet.bosai.go.jp/)

赤い○で囲った所が該当エリア。

1ヶ月間に約5~6回程度でしょうか、M1以下&震源の浅い、人の体に感じない微地震の発生が確認できます。(でもこれは火山性地震ではないと思う)

そして過去1週間以内に起きた地震はというと、

箱根山付近の地震
(出典:防災科学技術研究所: http://www.hinet.bosai.go.jp/)

ゼロでした。(小規模地震も確認できず)

ということで現在の箱根山周辺の火山活動は完全に落ち着いているようです。

気象庁も、

平成27年11月20日 噴火警戒レベル1。大涌谷周辺の噴火の可能性は低くなりました。警報解除を発表

が保たれています。

大涌谷の黒たまご販売再開は?

大涌谷観光は再開されたのかというと

公式HPでは、

大涌谷くろたまご館、ゆ~らんど、たまご茶屋は入山規制のため営業を休止しています

Facebookにも「現在も入山規制が続いており・・・」

だそうです。

どうやらまだ「有毒な火山ガス」への懸念があるらしく100%安全だと確認されなければ開放しない・・・理由らしい。

目先の売上より観光客の安全性重視の対応(好印象)・・・日本人らしさを感じました。